Home > ラセック手術 > 納得!視力回復ラセック(LASEK)手術のメリットとデメリット

納得!視力回復ラセック(LASEK)手術のメリットとデメリット




視力回復手術の一つの方法であるラセック(LASEK)手術。

最近ポピュラーになってきた視力回復手術のレーシックとは違う方法で、フラップを作るのが、ラセック手術の大きな特徴です。


角膜にレーザーを照射して、カーブしている角膜の形状を変化させ、光の屈折率を変更させるための手術を行なうためには、レーシックとラセックのどちらの手術とも、フラップを作り、それを剥がして、レーザー照射後にかぶせ直す必要があります。

そのフラップを作成するために、レーシックでは、ステンレス製のマイクロケラトームを使って角膜の表面を削ることになりますが、ラセックの場合は、アルコールでふやかしてフラップを作ることになります。



また、角膜の一番外側の角膜上皮層だけを使って、薄いフラップを作ることになるので、角膜がもともと薄い人にも適用できます。



このような方法で視力回復手術を行なうラセック手術ですが、やはり手術なので、メリットとデメリットの両面があります。


ラセックのそれぞれのメリットとデメリットを十分に理解して、他の視力回復手術法と比較検討してみてはどうでしょうか。

なお、このサイトのカテゴリーをご覧いただくと、他の視力回復手術の詳細を理解することもできますので、ご参考にしてください。



ラセック手術のメリット


ラセック手術のメリットは、以下の通りです。


・角膜が薄くても、視力回復手術ができる


角膜が薄い人は、レーシック手術を受けることができない場合があります。しかし、アルコールでフラップを作る方法であるラセック手術であれば、角膜の厚さに大きな影響を受けることがありません。


・網膜異常にも対応


網膜異常がある時には、マイクロケラトームで角膜の表面を削るレーシックでは危険が伴います。しかし、ラセックであれば、アルコールでフラップを作るため、網膜を傷つける可能性が低くなります。


・PRK手術より痛みが少ない


角膜上皮層を取り除くPRK手術とは違い、角膜上皮層をアルコールでふやかして、厚さが0.05ミリほどの上皮フラップを作るので、PRKよりは痛みが少なくなります。



ラセック手術のデメリット


ラセック手術には、メリットばかりではなく、デメリットもあります。

ラセックのデメリットは、以下の通りです。


・レーシックより痛みがある


PRK手術ほどの痛みではありませんが、レーシックよりは痛みが強いと言われています。レーシックは手術後にほとんど痛みがありませんが、ラセックの場合は数日から1週間前後痛みが続く人が多いようです。


・正確性


アルコールで角膜をふやかすことになるラセックでは、レーザーによって正確な照射をしにくいという弱点があります。


・アルコール使用の問題?


レーシックと比較すると症例数が少なく、アルコールを使用したことが将来何らかの問題になるかが定かではありません。麻酔をしているにも関らず、アルコールがしみたという感想を述べる人もいます。



角膜が薄くてレーシック手術を受けることができないという人などにも、ラセックの手術があることで、視力回復の可能性が広がります。

ただし、このページで紹介したように、デメリットもあるので、自分自身でも十分に情報収集して、さまざまな視力回復手術についての知識を深めることが望まれます。


近い将来、ハッキリと物が見える。

この嬉しい日常生活のために、納得できるまで情報収集をしてみてはどうでしょうか。





Home > ラセック手術 > 納得!視力回復ラセック(LASEK)手術のメリットとデメリット

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top