Home

徹底比較!視力回復トレーニングと手術法

注目!一日も早く子供の視力を回復する方法とは

最近、子供の視力が悪くなってきたというケースが増えています。

DSのゲームやコンピュータを使う子供が増え、子供の近視の低年齢化が問題になっているのです。

もともと視力の成長途上である幼児から小学生にかけては、遠視や乱視を矯正するために、できるだけ早くにメガネによって、一日でも早く経線弱視予防のために矯正治療を始めた方が良い場合があります。

眼科で視力検査を行なって、1.0未満であるけれども、遠視であると言われることがあるでしょう。近視の場合には、網膜の手前にピントが合ってしまう状態ですが、一方で遠視の場合は、網膜にピントが合わない状態(網膜の後方でピントが合う角度)です。同じように網膜にピントが合わな…

納得!視力回復ラセック(LASEK)手術のメリットとデメリット

視力回復手術の一つの方法であるラセック(LASEK)手術。

最近ポピュラーになってきた視力回復手術のレーシックとは違う方法で、フラップを作るのが、ラセック手術の大きな特徴です。

角膜にレーザーを照射して、カーブしている角膜の形状を変化させ、光の屈折率を変更させるための手術を行なうためには、レーシックとラセックのどちらの手術とも、フラップを作り、それを剥がして、レーザー照射後にかぶせ直す必要があります。

そのフラップを作成するために、レーシックでは、ステンレス製のマイクロケラトームを使って角膜の表面を削ることになりますが、ラセックの場合は、アルコールでふやかしてフラップを作ることになります。

PRK手術:レーシック手術を受けれらない人向け

レーシック手術を受けることができない人向けのPRK手術(Photorefractive Keratectomy)。

フラップを作成する方法が、その人の生活に向いていない人向けのPRK手術。

このような点から、今もPRK手術が実施されています。

PRK手術の特徴(メリット)

レーシック手術では、角膜上にフラップを作った後に、レーザーを照射して、角膜のカーブを修正することで、光の屈折率など変更して、視力を向上させます。

しかし、生まれつき角膜に十分な厚みがない人などは、フラップを作るレーシック手術を受けることができない場合があります。

もっと知りたいレーシック手術:各種のレーシック手術比較

視力回復のために、レーシック(LASIK)手術についてもっと知りたいと考えている人向けに、レーシック手術について、手術の概要や費用について説明しましょう。

レーシック手術の費用が下がっている

以前は、高額だということで、レーシック手術を断念していた人がいましたが、最近は以前よりも随分とレーシック手術費が安くなってきました。

レーシック手術を実施している複数の専門医のホームページで確認しましたが、20万円前後で手術を受けることができるまでになりました。

このレーシックの料金は、一度に支払うと考えると高いと感じるかもしれませんが、コンタクトレンズを継続的に使う時に支払っている今までの料金…

こんなに違う各種の視力回復手術の特徴と比較

「視力を回復して、以前のようにもっと良く見えるようになりたい」」

このように願っている人がたくさんいます。

このページに来られた、あなたもきっとそのようなお一人なのでしょう。

視力回復には、視力回復トレーニングなどもありますが、このページでは、視力回復手術に関することを詳しく解説しましょう。

特に、さまざまな種類のある視力回復手術の違いを比較します。

視力回復手術の種類
視力回復手術の種類としては、主に以下の手術が挙げられます。

レーシック(LASIK)
イントラレーシック
ウェーブフロントレーシック
エピレーシック

視力回復トレーニングをした方が良い人たち

視力回復トレーニングに関心がある人たち。

このページに来られたということは、あなたも視力回復トレーニングに関心があるお一人なのでしょう。

最近は、コンピュータや携帯電話のメール機能を使う時間が長くなり、目に負担を感じている人が少なくありません。

眼精疲労などによる、偏頭痛や吐き気などの症状がまだあまり酷くないのなら、すぐにレーシックなどの目の手術ということにはならないでしょう。

できれば、眼の手術は受けたくない。

そのように考える人が大半ではないでしょうか。

もしそうであって、以下のような状態にあなたが陥っているのであれば、視力の回復トレーニングに…

注目!目の仕組みを理解して視力回復

視力を回復したいと願うのならば、自分がなぜ物が良く見えないかを知る必要があります。

自分の目の状態を知る

自分の目の状態を知るには、近視や遠視などのタイプ別の特徴を理解しておくと良いでしょう。

まずは、正常な状態の「正視」についてです。

「正視」の場合は、遠近の調整を行なう毛様体筋に問題がなく、すぐに網膜上にピントをあわせることができる状態です。裸眼で視力検査を行なうと、1.2以上の視力になります。

この視力に関わる、「毛様体」「網膜」「水晶体」「角膜」の個人の状態によって、近視になったり、遠視になったりするのです。

ちなみに、毛様体筋という筋肉を…

Home

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top