Home > 視力回復手術比較 > こんなに違う各種の視力回復手術の特徴と比較

こんなに違う各種の視力回復手術の特徴と比較




「視力を回復して、以前のようにもっと良く見えるようになりたい」」

このように願っている人がたくさんいます。

このページに来られた、あなたもきっとそのようなお一人なのでしょう。

視力回復には、視力回復トレーニングなどもありますが、このページでは、視力回復手術に関することを詳しく解説しましょう。

特に、さまざまな種類のある視力回復手術の違いを比較します。


視力回復手術の種類

視力回復手術の種類としては、主に以下の手術が挙げられます。
  • レーシック(LASIK)
  • イントラレーシック
  • ウェーブフロントレーシック
  • エピレーシック
  • ラセック(LASEK)
  • PRK(Photorefractive Keratectomy)

このページでは、それぞれの視力回復手術の概要と費用についてご紹介しましょう。また、それぞれの詳細について知りたい方は、右のカテゴリーで該当するリンクをクリックください。


レーシック(LASIK)手術とは

レーシックという言葉を聞く機会が増えていますが、レーシックとは、点眼剤による麻酔後に、ステンレス製のマイクロケラトームというものを使って、目の中央部分の角膜を切ってフラップというものを作り、フラップをめくって、エキシマ・レーザーを照射して角膜のカーブを変える手術法です。このことにより、光の屈折率が変わり、近視や乱視が治ります。最近は、費用が安くなり20万円前後になっています。コンタクトレンズを継続的に使う費用と比較すると決して高くありません。


イントラレーシックとは

前述の通常のレーシックでは、マイクロトームで直接角膜を切ってフラップを作ります。しかし、イントラレーシックは、コンピュータで制御されたイントラレーザーを使うため、高い精度でフラップを作ることができるのが特長です。従来のレーシックよりも精度が高くなるということは、高い安全性にも繋がります。費用は、10万円台から30万円台くらいが多いようです。


ウェーブフロントレーシックとは

ウェーブフロントレーシックとは、解析装置を使って、個人個人によって異なる眼の表面の細かな凹凸の違いを分析してから、レーシック手術を行なう方法です。よりクッキリと見えるようになりたいと希望する人は、一度検討してはどうでしょうか。ウェーブフロントレーシックの場合は、通常のレーシックの費用に、6万円くらいが追加になる医院が多いようです。


エピレーシックとは

エピレーシックとは、マイクロトームとは違う、エピケラトームでフラップを作る視力回復手術です。特に、レーシックで作成するフラップとは異なり、角膜の一番上の角膜上皮層だけを薄く切ることになります。この角膜上皮層のみのフラップは、最終的には剥がれて、新しい角膜上皮層に置き換わります。このことにより、フラップに関するリスクが少なく、強い近視の人や角膜が生まれつき薄い人が受けやすい視力回復手術になっています。ただし、高い技術が要求されるため医師の選択が重要になり、レーシックと比較すると痛みが強くなるようです。エピレーシックの料金も、20万円前後が多くなっています。


ラセック(LASEK)とは

ラセック(LASEK)は、アルコールでフラップを作るのが最大の特徴です。また、エピレーシックと同じように、角膜上皮層に薄い上皮フラップを作る視力回復手術なので、角膜が薄い人や運動選手などにもメリットがあります。ただし、次項のPRKほどではありませんが、レーシックよりは痛みが強いようです。数日から1週間くらい痛みが続く人がいます。また、ラセック手術は、アルコールによて角膜を柔らかくしてフラップを作る手術法であるため、レーザーを照射した時に正確な照射が行ないにくいというデメリットもあります。ラセック手術の料金は、20万円くらいから30万円台くらいが多いようです。


PRK手術とは

PRK手術は、フラップを作らない視力回復手術です。そのため、フラップを作る時のリスクや、フラップがずれる問題がありません。スポーツを行なう運動選手や格闘技などによって眼に強い衝撃を受ける可能性がある人に向いている手術法です。ただし、レーザーで角膜上皮を取り除くため、手術後の痛みが、上記の各種の視力回復手術の中でもっとも強くなります。また、角膜上皮が再生されるまで、角膜を保護するためにコンタクトレンズを使う必要があり、回復に時間もかかることから、PRKよりは、ウェーブフロントレーシックやエピレーシックを検討する人が増えているようです。PRKの料金は、20万円前後が多くなっています。

以上のように、視力回復手術といっても、さまざまな方法があります。

自分には、どのような方法が合っているのか?

その方法を、まずは専門医のサイトで詳しく調べてみるのが良いのではないでしょうか。

また、自分が選んだ手術法でも、医院によって技術の差があるのは確かです。希望している視力回復手術の実績が多い、安心できる専門医を探してみるのも大切なポイントです。

ハッキリと物が見える世界を取り戻すことができる視力回復手術

安心して受けることができるように十分な情報収集が不可欠です。





Home > 視力回復手術比較 > こんなに違う各種の視力回復手術の特徴と比較

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top